国保連伝送ソフトのケアネットメッセンジャー|お客様の声ご紹介

お申し込み お電話でのお問い合わせ HOME お客様の声

お客さまの声

株式会社日本エルダリーケアサービス様

株式会社日本エルダリーケアサービス様

管理効率が向上し、削減できた時間をより付加価値の高い仕事へシフト!

伝送環境に多額の手間とコストが生じていた従来
当社は2009年1月より国保連伝送サービス(ケアネットメッセンジャー)を全社で導入しました。いままで、全国115拠点で展開する全ての事業所で、国保中央会の伝送通信ソフトで伝送を行っていた為、多額の通信費用や伝送ソフトのバージョンアップ費用が発生していました。さらに、各事業所の請求額や返戻の有無、金額などの情報は全て、各事業所から書面で報告をさせていたため、本部・事業所双方に集計等の事務的な手間が発生しており、情報の共有にタイムラグや情報管理の漏れが生じていました。
(それらの手間が全て請求時期に集中する為、事務的な負荷がスタッフの業務を圧迫していました)


国保連伝送サービス導入の効果
直接的なコスト削減に加え、無視できないのは本社における「管理」に関する間接的なコストです。従来は各事業所から書類ベースで上がってくる請求額・返戻額等の報告を、本社が人的作業で集計しておりましたが、 国保連伝送サービスではそれらの情報が表示・出力でき、返戻保留一覧表などのデータも一括受信できるので、管理効率が向上しました。
削減した管理スタッフの時間を、より付加価値の高い仕事に割り当てることができています。


メディカル・ケア・サービス株式会社様

愛の家グループホーム

メディカル・ケア・サービス株式会社様

煩雑になりがちだった請求業務がミスなくできるようになり、
コストダウンはもちろん、管理スタッフの精神的な負荷も軽減できました。

導入前の状況について
本部一括伝送サービス(Care Net Messenger+本部管理支援サービス)の導入以前は、各拠点から国保連への伝送を行っていました。そのため伝送の状況を把握するために各拠点へ電話連絡していましたが、それでも完全に把握することが出来ませんでした。
本部で利用者への請求データと伝送データをチェックして整合性の取れたデータを伝送してもらっていたのですが、 チェックでNGとなった修正前のデータを誤って伝送してしまうケースや伝送し忘れてしまうケースがありました。
また、返戻等の状況も各拠点に問い合わせていましたが、報告漏れにより入金時まで気付かないこともあり、 月初の月次請求業務と重なると現場も本部も混乱することがありました。


導入後の状況について
今回このサービスを利用したことにより、伝送したファイルの内訳や伝送の状況を見やすい一覧で表示させることができるため、 本部で登録した後にチェックすることにより伝送ファイルの取り間違えを防止することができるようになりました。
それ以外にも、伝送用の回線が各拠点で必要なくなったことによりコスト削減することができたり、 本部から伝送するため現場での作業負荷の低減や伝送ミスしたらどうしようという精神的な部分においても負荷を軽減させることが出来ました。

会社概要個人情報保護方針個人情報の取り扱いについて情報セキュリティ基本方針サイトマップ
HOME介護報酬請求ソフト訪問看護ステーション支援ソフト介護報酬ファクタリングサービスケアプラン作成ソフト
お申し込みお電話でのお問い合わせ
© Nippon Care Communications Co.,Ltd.