ケアコムファミリーについて

介護業界を支える家族

「みんなにやさしい社会」が実現されたケアコミ星から、100万ケア光年もの旅をしてやってきた家族。ケアスコープで見ていた地球の介護事業者の人たちの仕事をサポートし、やさしさと笑顔であふれる社会づくりのお手伝いをするのが目標。パパである「けありん」が介護サービス全般を支えるシステム、ママである「キャシュりん」が資金に関するシステム、妹の「ぴかりん」が伝送のシステムをサポートする。4人とも、ご機嫌なときは電波が上向き。

ケアコムファミリー
  • けありん

    頼りになる一家の大黒柱で、介護に携わる人々の業務効率化に向けてケアコミ星からやってきた。
    ケアステッキをひとふりすると、たちまちさまざまな便利なサービスが出現する。
    地球でおいしいと思った食べ物はラーメンと餃子。

  • キャッシュりん

    まさに良妻賢母ということばがぴったりな、奥ゆかしくもしっかりとした女性。介護に携わる人々の「お財布」をなんとかしようとケアコミ星からやってきた。地球で見つけたお気に入りは、日光東照宮と奈良の大仏という渋好み。

  • ぴかりん

    介護に関わる人々を応援するためにケアコミ星からやってきた女の子。困っている介護事業者をみつけると、頭の上のアンテナがピピッと察知してすぐに助けに来てくれる。ご機嫌なときは電波が上向き。地球で見つけた好きな食べ物はドーナツとマシュマロ。

  • ここ

    ケアコミ星の隣の星、ナース星に住む女の子。ぴかりんの従妹で、ナース星では訪問看護のナースをサポートしていた。「看護をする人たちの業務を効率良くし、より充実した看護を提供してもらいたい!」というのが願い。“ココメモ”に、サポートのためのアイデアを書き込んでいる。

ページの先頭へ