ケアマネジャー支援ソフト > ケアマネくん TAIとは?

TAIを使った効率化

イラストを用いた高齢者区分法TAI、その効果を一部ご紹介します!

状態をわかりやすく捉えたイラストを選択するだけで、心身状態を特定していくため、 ケアマネジャーの経験に左右されず、一定水準のケアプランを作成することが可能です。
ケアマネくん TAIを使った効率化 ケアマネくん TAIを使った効率化
新人ケアマネジャーでも、TAIを用いることで簡単に一定水準のケアプランを作成することが可能です。
その後TAI判定結果という共通のモノサシの推移から効果測定していくことになるので、育成のみならず、客観的な評価体制の構築にも効果的であるといえます。
ケアマネくん TAIを使った効率化3

TAI判定結果は確固とした定義があるものなので、その推移による評価は客観的なブレのないものになります。
またカンファレンス等でも「共通のモノサシ」として使われるので、長い説明をしなくても関係者は判定結果を聞くだけでその心身状態をイメージすることができます。 各位の認識にズレが生じることもありません。

ケアマネくん TAIを使った効率化3

効率よく、短時間で複数のケースを関係者間で評価することが可能なため、人材育成の観点からしてもケアマネジャー全員が「より早いペース」で、そして「同じ歩幅」で成長することができる方式であるといえます。

ケアマネくん TAIを使った効率化3

 お申し込み・お問い合せ

お電話はこちら

03-3662-3490

受付時間:平日9:00~17:30

株式会社日本ケアコミュニケーションズ