ゆめつむぎ お問い合わせ



利用イメージ

ゆめつむぎ利用イメージ-利用者側 ゆめつむぎ利用イメージ-利用者側 データ連携 ゆめつむぎ利用イメージ-支援者側 ゆめつむぎ利用イメージ-支援者側

「ゆめつむぎ」で、どこでも
就労支援や作業が実施可能!

導入事例

法人名
夢つむぎ株式会社
事業所名
夢つむぎチャレンジド
住所
福岡県北九州市小倉北区白銀2丁目10番2号203
TEL
093-952-5055
WEB(URL)
info@yumetumugi-challenged.com

事業所紹介



 「夢つむぎチャレンジド」では一般就労を希望する障がい者に対し、一定の期間、生産活動・社会適応訓練・就労訓練・施設外実習の機会を提供し、就労に必要な知識及び能力の向上ができるように支援する事業所です。また、就職後は就職先の企業と密に連携し職場定着のために必要な支援も行っています。
 当事業所の特色として、北九州市の中で早くから在宅訓練用ソフトを取り入れ、在宅就労支援を開始し、通所困難を余儀なくされている利用者に地域社会など関係を保ちつつ在宅で訓練できるように支援を行っています。
また、テレワークでの就職実績もあります。
 当法人では、自立訓練事業、放課後等デイサービスを行っており、子どもから大人まで切れ目のない支援に取り組み、共生社会の実現を目指しています。

事業所が抱えていた課題

  1. サーバーの容量オーバーにより、ログイン・ログアウトその他操作がスムーズに行うことができずストレスに感じていた。
  2. 活動状況の確認で訓練途中の本人特定、訓練開始、終了時以外で活動中の本人特定ができないか考案中であり、スカイプ等を利用し、スクリーンショットや録画を取ることで本人特定を行っていた。
  3. 週次、月次の評価をする場合、一人の職員が最初から最後まで行う場合は特に問題はなかったが、評価表作成を複数職員で対応する場合、別フォルダを確認する必要があった。

ゆめつむぎの導入で解決

  1. ログイン・ログアウトその他操作がスムーズに行うことができている。
  2. 活動状況の確認が、自動撮影機能を使うことで容易になった。
  3. 終了した書式の色が変わっているため、複数職員での作業効率が良くなった。

ゆめつむぎに対する今後の期待

在宅支援の支援項目で“健康管理”という項目があるため、パソコン画面前に座った際に体温などバイタルチェックができる機能があれば良いと思います。
※利用者によっては、身体上の問題で一人では体温測定を行うことができない方もいるため

arrow_upward